スポーツ

1年間。2人で106ゴール。

C・ロナウド、メッシ、リーガが誇る点取り屋たちの、

2010/11シーズンの総ゴール数は、なんと106ゴール!

カップとリーグの違いはあれどそれぞれぴったり53ゴールずつ点を取っているそう。

生粋のFWではないはずなのに…。そんな2人のゴールをまとめた動画がありました。

【Messi 53 - 53 Ronaldo - Goals Race 10/11 (HD)】

玉入れのようにお互いが入れあう動画は見てて面白いです。

ほどよく周囲も活かしつつ点を取る日本人好みのメッシ、

圧倒的にセルフィッシュなクリロナ、タイプは違えど恐ろしいゴール数です。

個人的には結果も伴わない切なさも含めて、

“クライベイビー”クリロナを応援してしまいます。

Nakimusi

Photo

●クリロナとメッシの2010/11シーズン全ゴール集が異次元のレベル

|

Niño maravilla。

浦和レッズの悲惨なほどの弱さもあいまって、

最近サッカーに興味が薄れてきていました。

でもいつも「この世界」はどこかで“タレント”が育っているんですよね。

コパアメリカの注目株だそうです。以下引用抜粋。

Nio_maravilla

●今夏移籍市場の鍵を握るサンチェス。神童の姿をコパ・アメリカで目撃せよ!

2節を残し、ミランが7年ぶり18回目の優勝を飾った今季のセリエA。そのなかで2位以下の大混戦を生んだ要因のひとつは、ウディネーゼの快進撃だった。

 北部の地方チームにあって2年連続得点王を狙うFWディナターレの決定力はさすがだが、強敵を次々に撃破した高速カウンターの鍵を握っていたのは、加入3年目にしてブレイクしたFWアレクシス・サンチェスだ。

「Niño maravilla(ニーニョ・マラビージャ=神童)」の異名を持つこの22歳こそ、今夏、移籍市場の目玉に他ならない。

22歳で神童というのは、今のサッカー選手で考えると若干「??」って感じもしますが、

ベビーフェイスなので許されるでしょう。いい選手ですね。

【Alexis Sanchez - remix】

【Alexis Sanchez 2010 Udinese】

【Cristiano Ronaldo VS Alexis Sanchez】

【Alexis Sanchez tribute】

|

街中を ride on.

これもダウンヒルの一種、なのでしょうか。以下引用

●全速力でチリの街の狭い坂道を駆け下りる怖すぎる自転車レース「Valparaiso Cerro Abajo」

Ci110301111258

南米チリのバルパライソで毎年行われる、街中の入り組んだ狭い急な坂道を全速力で駆け下りる危険極まりない自転車レース「Valparaiso Cerro Abajo」の動画です。わざわざ路肩がコースになっていたり、犬が進路に侵入してくるなどいろいろな意味でエクストリームなレースです。

こちらはスロバキア出身の2011年チャンピオン、フィリップ・ポルクのヘルメットカメラ動画。まさに手に汗握る展開です。

【valparaiso polc 2011 gopro HD】

|

この国にはサムライがいた。

“侍”という言葉がピッタリくるかというとアレですが、

全試合にハンデを背負わされるような展開の中、

我らが日本代表の粘り強いプレーは感動的でした。

【AFC Asian Cup 2011 日本代表 Samurai Blue " Change "】

李忠成選手のボレーは“ジダン”を彷彿とさせる綺麗なボレーでしたね。

【ジダン CL決勝ボレー】

|

ロベルト・カルロスのコーナーキックゴール。

剛脚健在です。以下引用

20110121000758effs

●ロベカル健在!CKからアウトサイドでスーパーゴールを決めた!!・・・(;゚Д゚)

2011年1月16日に行われたブラジルサンパウロ州選手権「コリンチャンスvsポルトゲーザ」で、ロベルト・カルロスが左CKを左足で直接決める離れ業をやってのけた。1997年のフランス戦の伝説のフリーキックを彷彿とさせるスーパーゴール! 37歳になったロベカルの左足はまだまだ健在でした。なお、CKからの得点は生涯初めてとのこと。

コーナーキックから直接ですが、アウトにかけるところが彼ならではですね。

祝福に集まる中にはロナウドもいます。完全に肥満体です。

【Incredible Roberto Carlos Corner kick goal Vs Portuguesa! (1/16/2011)】

せっかくなので、“例の”ゴールも含めたスーパーゴール集を。

角度“0”ゴールもあります。

【Roberto Carlos Incredible Shots】

|

スノーボードのハイパーテクニック。

すごい!ですね。

【Snowboard Epic Trick!!!!】

|

コパアメリカ対戦国。

南米との真剣勝負に臨める貴重な機会です。

開催国のアルゼンチンとの対戦は苦しいと思いますが…楽しみですね。以下引用

●日本、アルゼンチンと同組=サッカー南米選手権 

 【サンパウロ時事】アルゼンチンで来年7月に開かれるサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)の組み合わせ抽選が11日、同国のラプラタで行われ、12年ぶりに招待出場する日本は1次リーグでアルゼンチン、コロンビア、ボリビアと同じA組に入った。日本は強豪アルゼンチンに10月の国際親善試合で勝っている。 大会は12チームが出場。3組に分かれて1次リーグを行い、各組1、2位のほか3位3チームのうち成績上位2チームが決勝トーナメントに進む。B組はブラジルなど、C組はウルグアイなどが入った。 日本は前回出場した99年大会では、1次リーグ2敗1分けで敗退した。

かつて就任したばかりのトルシエ監督が率いて挑んだ大会では、

ものの見事に“粉砕”された記憶があります。

Ci101112115108

そして、この大会のスターティングメンバーが、

次の試合からは姿を消したことも印象深い出来事です。

現在ザッケローニ監督に選ばれているメンバーも、

結果次第では同じような末路を辿ることもあるかもしれませんね。

【【99コパ・アメリカ】日本-パラグアイ(不吉動画)3-1】

|

無事是名馬。

そう思う人はあまりいないかも知れませんが、

“実は”彼こそがMr.レッズなのです。以下引用

Photo

●浦和 山田暢に単年で契約更新オファー 

浦和が、DF山田暢久(35)に契約更新のオファーを出す方針を固めた。今季で契約が切れるが、柱谷GMは「当然、来季も戦力として考えている」と明言。クラブが世代交代を進める方針を打ち出していることもあり、単年契約になる見通しだ。  山田暢は94年の入団以来、浦和一筋でプレー。今季は主にセンターバックとして、リーグ26節終了時点で21試合に出場(うち20試合に先発)している。リーグ通算453試合出場は伊東(清水)に次ぎ歴代2位。GK以外の全ポジションをこなせるベテランが、プロ18年目を迎える来季も浦和を引っ張る。

ちっとも老けない童顔と、尽きないスタミナ。大きなケガもしません。

あらゆるポジションをこなす山田選手は真性ユーティリティプレーヤーだと思います。

やる気のない雰囲気から「タリーさん」と揶揄され、

ファンの子供にまで「ちゃんとやってください」と、手紙送られる男。

味のある選手です。

【山田 暢久 - Nobuhisa Yamada】

|

11歳がバルセロナ入団。

八王子の少年がバルセロナに入団するようです。以下引用

●大きな夢へキックオフ バルサのカンテラ入団 八王子・野島君

「本当にうれしい。体が強く、シュート、パス、キープ、何でもできる選手になりたい」。六日来日したサッカーのアルゼンチン代表FWメッシ選手や、「世界一」のスペイン代表の中心選手らを育てたFCバルセロナの下部組織「カンテラ」への入団が決まった八王子市の小学五年生野島快王(かいき)君(11)。身長一四五センチ、体重三五キロの小さな体が、目標に向かって一歩を踏み出した。 

野島君がサッカーを始めたのは小学二年生の時。当時、イタリアで活躍していたブラジル代表MFカカ選手のプレーをテレビで見て「楽しそう」と興味を持ち、すぐに地元の南大沢FCに入団した。  

「三歳のとき、一回転んだだけで補助輪なしで自転車に乗った」と父の伸恭さん(32)も驚く優れたバランス感覚の持ち主。速さと柔らかさを兼ね備えたドリブルを武器に得点を重ね、四年生から一つ上の学年のチームに引き上げられた。  

昨年六月、スペイン一部リーグ「アトレチコ・マドリード」のサッカー教室(キャンプ)に初参加。「試合ではドリブルでよく抜けた。スペイン人もそんなにうまくないと思った」。一カ月のキャンプを終え、手応えを感じての帰国。残念ながらその年は入団の誘い(オファー)はなかったが、収穫は大きかった。

 「周りが見えるようになり、周りを使えるようになった」。南大沢FCの五年生の監督を務める榎本敏さん(43)は成長ぶりに目を見張った。以前はゴール前で慌ててミスをすることもあったが、落ち着きが出てきた。もともと強かったメンタル面もさらにたくましさを増した。野島君も自分の課題として、パスの出し方やもらい方を徹底研究。利き足でない左足も積極的に使うように心掛けた。  

「リベンジ」の気持ちで今年、二回目のキャンプに挑戦。晴れてアトレチコからのオファーがあり、さらに一週間後にバルセロナからも。「バルセロナの方が厳しいと聞いたけど、それでも挑戦してみたい」。気持ちは固まった。  

現地では伸恭さんの友人で、陰から野島君の挑戦を支えてきた国際サッカー連盟公認代理人の堀田正人さんの知人宅にホームステイし、当面は語学学校に通う。スペイン語は勉強中で、自己紹介はできるようになった。不安はあるが、二回のキャンプを経験した自信がある。「一人で暮らすことに心配は全然ない」と屈託のない笑顔をみせた。

写真付きの記事もありました。以下引用

Ci101008150100

●日本のメッシになる」 八王子の小5、スペインへ

スペインのサッカーの強豪クラブFCバルセロナの下部組織「カンテラ」に、東京都八王子市の市立南大沢小の五年生野島快王(かいき)君(11)が日本人で初めて入団する。代理人によると、すでに選手登録されており、来週中に現地に出発する。  

カンテラはスペイン語で採掘場を意味し、各クラブの下部組織を指す。バルセロナは若手育成に定評があり、七月のワールドカップで優勝したスペイン代表の中心選手らも育った。年齢別にチームがあり、野島君は十一歳以下のチームに入る。  野島君は地元の南大沢FCに所属し、ポジションはフォワード(FW)。得意のドリブルでゴール前に切り込み、得点を奪うプレーが持ち味で、三月にはJリーグFC東京の十二歳以下の選抜クラスにも合格。昨年と今年、スペインの他のチームのサッカー教室に参加し、帰国後にバルセロナから入団の誘いがあった。  

現地へは家族は同行せず、ホームステイする。競争は厳しいが、野島君は「いつか日本代表になり、日本を優勝させたい」と意気込んでいる。

カンテラとはいえバルサ。カンテラとはいえスペイン。

遠い異国からいい便りを聞きたいものですね。

|

突然胸を触られたんです。

2人のはにかんだ雰囲気がなぜだか爽やかなカップルを思わせます。

てゆーか、胸というよりピンポイントで“首”を撫でた感じですけど。

以下引用

●【サッカー】ドイツの美人審判 シュテインハウスさん 独二部で笛を吹いた際ヘルタ・ベルリンの選手から胸を触られる(動画あり)

ブンデス2部、ヘルタ・ベルリンvs.アーヘンでヘルタ・ベルリンNFニーマイヤーが その試合を裁いていた、ビビアナ・シュテインハウス主審の胸を触ってしまうという珍事が起きた。 その際、ビビアナさんからはイエローカードではなく、微笑みがプレゼントされた。 ニーマイヤーはチームメイトの肩を叩こうとしたら、近くに彼女がいて偶然に胸に触れてしまったと弁解しつつ、 「少し観客も楽しませる必要もあるしね」とコメント。ちなみにビビアナさんの本職は警官。

【Busen-Wischer bei Schiri Bibiana Steinhaus (Hertha - Aachen) 】

●Busenwischer Niemeyer betatscht Schiri Bibi Steinhaus

|

より以前の記事一覧